アバナの誕生

アバナはステンドラのジェネリック医薬品です。そていステンドラはアメリカにある製薬会社、ヴィヴス社(VIVUS)よって製造販売となった薬剤で2012年4月に発売されている最も新しいED治療薬です。

VIVUS社が新しい薬として開発を進めていたのですが、VIVUS社があまり大きな会社ではなかったことも発売当初はあまり広まりませんでしたが、2012年にFDA(アメリカ食品医薬品局)にて承認されたことで知名度が一気に広がりました。

次世代のED治療薬としてこれから先日本でもどんどん注目度が上がっていきますが、日本ではまだ未承認の薬ですので病院でも処方されることはほぼありません。

ですが、今までのED治療薬は主に欧米や西洋人向けに作られていたのでアジア人には効果が出すぎてしまったり、副作用が人によっては出てしまうと言う問題点がありました。

しかし、ステンドラはアジア人向けに作られているので副作用も出づらく使いやすいED治療薬ですので日本で認可されたら間違いなく利用されることでしょう。

これからVIVUS社が大手製薬会社と提携を図っているとも言われていてますますステンドラ(アバナ)の注目度は高まっていくことでしょう。

ステンドラが日本では未承認薬のため手に入れるためには海外から取り寄せる必要がありますが、先発医薬品でもあるステンドラも未承認薬であるならジェネリック医薬品のアバナを試すことをお勧めします。

これまでのED治療薬の長所を伸ばした薬

アバナ(ステンドラ)の特徴と言えばやはりこれまでに開発されたED治療薬のいいところを詰め合わせた薬と言っていいかもしれません。

レビトラのような即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けづらいと言われています。

ただし、作用時間は6時間から8時間ですのでシアリスのように36時間もの効果を発揮すると言うわけではありません。

とはいえレビトラの即効性に加えて食事の影響を受けづらいと言うことを考えれば付き合いたての関係性でデートを重ねている間柄であれば非常にありがたい薬ですよね。

ジェネリック医薬品として試しやすく先発医薬品と比べると最大で10分の1程度で購入できますので非常にリーズナブルで手に入りやすいのも魅力です。

アバナの特徴

アバナは『50mg、100mg、200mg』の三つの規格で販売されていますが、200mgだとアジア人には効きすぎてしまうといわれているのでお勧めは100mgがお勧めです。

空腹時で飲めば最短10分から効果を発揮するといわれていて通常であれば30分から効果を発揮すると言われています。

また作用時間は6時間から8時間と言われているので作用時間に関して言えばレビトラと同じです。

そして食事の影響を受けづらいと言われていてシアリスと同等、もしくはそれ以上に食事の影響を受けづらいと言われています。

とはいえ牛丼1杯を上限として食べないほうが効果が出るのはどのED治療薬でも同じです。

今までレビトラの即効性惹かれていても空腹時の性行為には辛いという人からしてみれば非常にありがたい薬ですよね。

両方のいいところを取り入れた薬ですが、まだ日本では未承認のため病院での処方がされないことや知名度の低さで認知がされていません。

これからステンドラが認知されたら一気に日本でも注目を浴びることは間違いありません。