食生活の改善

ED治療薬というのは非常に素晴らしいことでもあります。勃起不全で悩んでいる人でED治療薬を服用すればスムーズな勃起に至ると言うことで欠かせない存在と言えるでしょう。

しかし、ED治療薬を飲んで性行為をすることに慣れてしまうと逆にED治療薬がなければ性行為が出来ないのではないかという不安が常に付きまとってしまいます。

当然最初のうちは薬に頼ってスムーズな性行為をすることで自分だけではなくてパートナーにも良い関係が結べると言えるでしょう。

ですが、ED治療薬も無料で配られるわけではないですし、金銭的余裕がない人からしてみれば負担がかかってしまうことも間違いありません。

理想はやはり徐々にED治療薬を高容量配合のものから徐々に落としていき行く行くは自分だけでスムーズな勃起に至るようにしたいと考えるものですよね。

一度勃起不全になってしまったらもう二度と治らないというものではありません。

とはいえいきなりEDを完全に治そうとしても無理なものです。長期的に考えてジェネリック医薬品なども上手に活用して治しましょう。

そのための方法を紹介していきます。

食生活や生活習慣の改善

勃起不全、つまりEDになってしまうという人は食生活や生活習慣が乱れていたりしている人が多いです。

飽食の日本では食に困ると言うことはありませんよね。

自分の好きなものを好きなだけ食べられる時代です。しかし、だからこそ偏った食事をとってしまったり、脂質の多いものや炭水化物ばかりを食べてしまう人が多いです。

まず食事はバランスの良く食べることが大切です。糖尿病や高血圧、脂質異常症の人の多くがEDになっていると言われています。

その多くの人が食生活の乱れであり、暴飲暴食を繰り返して起こっています。偏った食事や脂っこい食事、しょっぱい味の濃いものだけを食べるのは控えるようにしましょう。

EDは体内の血行不良が原因で起こります。体内を変えるためにはまずは食生活を治すことが大切です。

また夜更かしをしたり、朝まで徹夜や夜更かしをしている人も同じように自律神経が乱れやすくストレスも溜まりやすくなったりします。

生活リズムが乱れると神経がかなり磨り減ってしまったりしてしまうので規則正しい生活を行うようにしましょう。

運動不足を解消する

運動不足が勃起不全になってしまう要因となるのが昔から言われています。

座りっぱなしの仕事をしていたり、休みの日もごろごろとしていたりするとどんどん運動不足になりますよね。

ただでさ今はエスカレーターやエレベーター、移動する時も車や電車での通勤などがあって普段は全く身体を動かすことがないという人もいるでしょう。

運動不足による血行不良となってしまうことはよくありますのでまずは身体を動かすようにしてください。

最初は軽い散歩だったり階段を使って歩くようにしたり、お酒を飲むときも立ち飲み屋で飲んでもいいですよね。

便利になった分身体を動かす機会がなくなり太りやすくなって血行不良になってしまうのです。

EDを改善するためには血行不良を治すことが第一で、EDに効く運動と言うのは下半身トレーニングなんです。

その中でも最も効果を発揮するのがスクワットと言われています。

自宅で簡単に出来ますし、お風呂場でやればより血行がましますのでお風呂に入って最初は30回とかから始めてみるようにしましょう。

他にはランニングや水泳なども全身運動で血流によって酸素が運ばれるので心肺機能もアップします。

さらに運動をすることで男性ホルモンが刺激されて性的欲求が沸きやすくなるだけでなくて体が鍛えられることで自分に自信がつきます。

運動をすることでストレス発散をしてリフレッシュ効果を生みます。軽い運動をして身体に悪影響が及ぼすと言うことはないので是非とも運動をしましょう。

性欲増進の食材を食べる

自然の力というのは偉大なもので身体の中に取り入れることで性欲増進を促します。

性欲増強の食材を多くとることで性行為にも積極的になりますし、性的刺激を受けやすくなります。

山芋や納豆、オクラなどは性欲増進食とも言われていて手軽に朝から食べれます。

他にはにんにくやニラなども非常に精力をアップさせたり、精子の量を促進させる役割があります。

もちろんどれか一つを毎日食べればいいというものではありません。

あくまでもバランスのいい食事の中に積極的に取り入れることが大切です。

納豆なんかは食べ過ぎてしまうとプリン体が多く入っているので通風になってしまう可能性も出てきます。

偏った食事はかえって人体に悪影響を与えてしまうことにもつながりますので一つのものを食べ続けると言うよりかは性欲増進となる食事を1日にごとに変えて取り入れたほうがいいでしょう。

色々な食材がありますので飽きがこないように工夫することも大事です。