購入の流れ

ED治療薬を購入する方法について紹介していきたいと思います。といっても基本的には通販サイトを購入するときとさほど変わりません。

普段から楽天やアマゾンなどの通販サイトを利用して商品を購入している人からしてみればさほど苦労することはないと思います。

ただ、インターネットが苦手で通販サイトをあまり利用しないと言う人は最初は不安に思うかもしれませんので紹介していきます。

まず全体的な流れから紹介していきます。

【 サイトに進む → 商品を選ぶ → 金額の確認 → メールアドレスの入力 → お届け先の入力 → 支払い方法の入力 → 最終確認 → 商品の購入 → 商品が届く 】

という流れになります。

基本的には直感操作である程度流れに沿って進めば利用できるので迷うこともないでしょう。

ただし、1つだけ面倒な作業と言うのは最初に登録をする必要があり間違いやすいと言う点です。ここで言うとメールドレスの入力とお届け先の入力ですね。

メールアドレスの入力ミスというのは非常に多いです。何度も確認して運営側から確認のメールが届くのを確認しましょう。

またお届け先の入力を間違えてしまったと言う人も多いです。

商品が届かないトラブルなどになってしまいますので気をつけるようにしましょう。

それさえしっかりと入力をすれば基本的には迷わないで済むと思います。

大体スムーズに入力をすれば15分~20分ほどで登録が完了となります。

悪徳業者に引っかからないために

インターネット上で医薬品が気軽に手に入ると言うこともあり大変便利なのですが、インターネット上で取引されている医薬品の50%以上が偽物でまったく効果がないものが非常に多く出回っています。

便利だからこそそれを悪用する業者がいるのも事実です。特に悪徳業者に対しての規制がないので非常に気をつけなくてはいけません。

ではどのようにして悪徳業者に引っかからないようにしたらいいのかを紹介していきます。

まず確認して欲しいのがきちんとした正規品が発売されている規格かどうかを確認しましょう。

たとえばED治療薬として有名なバイアグラは「25mg錠、50mg錠、100mg」の三つの規格で発売されていますが、「200mg」が発売されていたりしますが、こういったいかにも効果があるとか高容量の主成分が入っているように販売されていますが、そもそも 規格として販売されていないわけですから騙されないようにしましょう。

次に確認して欲しいのがきちんと運営者情報が日本語で正しく書かれているかどうかです。会社情報やサイト運営者の名前がなかったり、サイト歴が短いサイトというのは実績と言う部分で怪しい点があります。

代表者の名前、会社情報、住所、運営歴、連絡先、資本金などが書かれているかどうかは確認をしましょう。

出来ることならば住所などをグーグルアースなどで調べてみましょう。

確認できるところはしっかりと確認しましょう。

またサポートなどは日本語で対応もしっかりしているかどうかも見ておくようにしましょう。

日本は安全な国で比較的インターネット上の商売をする規則と言うのはしっかりと法律で定められていますが、医薬品個人輸入代行サイトというのは基本的に海外に拠点を置いてサービスを展開をしていますからキチンと調べる必要があります。

一つのサイトを使い続ける

医薬品個人輸入代行サイトというのは一つしか存在しないわけではありません。複数のサイトが存在しています。色々なサイトごとに特徴があって取り扱っている商品が違ったり、メイン商品が変わっていたりします。

またサイトごとにキャンペーンやイベントも行っていて魅力的に感じると思いますが、あまり色々なサイトを利用するのは控えたほうがいいです。

色々なサイトを利用していたらそれだけ悪徳業者に騙されてしまう可能性も高まってしまいますので危険ですし、わざわざ登録をしなおすと言う手間があり、さらには複数のサイトを使ってしまうとポイントがばらけてしまいます。

一つのサイトを使い続けたほうがポイント貯まりやすいですし、悪徳業者に騙される可能性が減ります。

基本的にED治療薬をメインに扱っているサイトで効果が発揮できたらそのサイトを使い続けていたほうが安全でメリットが大きいです。